噛み合わせと全身の関係とは?

五分でチェック!不正咬合の見分け方

五分でチェック!不正咬合の見分け方

噛み合わせは、普段はそれほど意識していることでもありませんし、自分の噛み合わせがしっくりしているのかどうかもわからない方が多いと思います。

不正咬合があれば、意識する前にアゴを支える様々な筋肉が、それを防ごうとしますし、その結果、肩こりや頭痛という症状が発現しても、その原因を噛み合わせとは結びつけて考えないからです。

しかし、噛み合わせの乱れを起こしている人は、おどろくほど多く、それらの人たちは、全身症状への危険性を内に秘めているといえるのです。
以下で、不正咬合があるかないかを自分で簡単に確認できる方法を紹介します。噛み合わせが気になる方は一度チェックしてみましょう。

5分でできる! 道具を使わずに不正咬合を確認する方法
  • 1.五分間軽く口を開けておいてください。
  • 2.唾を飲み込みます。
  • 3.奥歯のところでカチッっと当たる箇所があれば、そこが不正咬合です。
5分でできる! 道具を使って不正咬合を確認する方法
  • 1.鉛筆かハシを前歯で五分間軽くくわえます。
  • 2.そのまま頭をうしろに倒し、ゆっくり元に戻します。
  • 3.鉛筆をとり、そーっと噛み合わせます。
  • 4.このとき当たるところがあれば、そこが不正咬合です。

不正咬合

不正咬合を起こしているところがあれば、私たちは無意識のうちに、そこがぶつからないような噛み方(噛み合わせ運動)でものを噛んでしまいます。つまり、筋肉がその運動を記憶してしまっているわけです。

一度、その運動から筋肉を解放してやるために、目を開けっ放しにしたり、鉛筆をくわえたりする必要があるわけなのです。?5分あれば、どなたにも簡単にできる方法です。ぜひ一度ご自身の噛み合わせを確かめてみてください。

あなたが気になる症状はどれ?

最近肩こりがひどいイメージ画像

最近肩こりがひどい……なんだか偏頭痛がするようになった……腰痛がひどくなった気がする……

もしあなたがこのような症状で悩まれていて、マッサージをしても接骨院に行っても治らない場合、噛み合わせが原因になっていることが考えられます。

乱れた噛み合わせは万病のもと?

肩・首のこり、偏頭痛、生理痛、手足のしびれ、更年期障害などの対処法としては、医学が進歩した現代においても依然として対症療法に終始しており、具体的な予防方法などが確立されていません。しかしこれらの病気には、ある共通点があります。それは、身体のアンバランス・特定部位の筋肉疲労が、原因のひとつとして考えられるということ。そして、この身体のアンバランス・特定部位の筋肉疲労に対して重要なウェイトを占めているのが噛み合わせなのです。

噛み合わせの乱れと全身症状

噛み合わせが乱れると、本来噛み合わさることのない歯同士がこすれ合います。すると歯の摩擦によって神経や筋肉が刺激され、こすれ合った歯を保護するはたらきをします。

そしてこのときに特定の筋肉が疲労し、その代償作用としてアゴの位置がズレて(アゴの変位)首が傾いてくるのです。そして、頭が一方に傾くと背骨が曲がって肩や腰の位置が崩れてしまいます。つまり、この過程で特定の筋肉がこり、これが原因で血流が滞り、さまざまな全身症状(肩や首のこり、偏頭痛、腰痛)の引き金となります。

噛み合わせの乱れと全身症状の関係図

噛み合わせの乱れが原因で起こる咬合由来症

噛み合わせの乱れが原因で起こる咬合由来症イメージ画像

噛み合わせの乱れが原因で起こる病気を「咬合由来症(咬合病)」といいます。肩・首のこりや偏頭痛はもちろん、院長・西村の研究では高血圧症にも噛み合わせが関係していることがわかっています。

もちろん、すべての症状の原因が噛み合わせにあるとは限りませんが、実際に当院では噛み合わせ処置によって患者さんが長年悩まされていた原因不明の症状を改善してきました。原因不明の肩・首のこりや偏頭痛などで悩まれている方は、一度当院にご相談ください。

噛み合わせによる全身への影響

噛み合わせが悪くなると、そのほかにもさまざまな悪影響をおよぼすことがあります。

ストレス

肩・首のこりや偏頭痛がストレスとなり精神状態が不安定になる

胃がもたれる

よく噛めないことで食べ物が咀嚼しきれずに胃に運ばれると、食後に胃もたれが起こる

老けて見られる

首が傾いたり、脊椎が曲がったりすると姿勢が悪くなる。また、アゴまわりの筋肉がゆるんで顔のハリがなくなることで老けて見られてしまう

呼吸が浅くなる

脊椎が曲がることで呼吸器官が圧迫され、体内に充分な酸素を取り込めなくなる

頭の回転が鈍る

充分な酸素を取り込めなくなることで脳に酸素が行き渡りにくくなる

噛み合わせを直せば大丈夫です!

これまで見てきたように、噛み合わせは全身にさまざまな影響をおよぼします。口の中だけ、歯1本だけの話と甘く見ずに、正しい噛み合わせに調整して歯本来の役割をはたせるように調整してあげることが大切です。噛み合わせをしっかり治すことで、気になる症状を改善できるかもしれません。

あなたが気になる症状はどれ?

ページトップ