首のこりの正体は噛み合わせにアリ?

首のこりの正体は噛み合わせにアリ?イメージ画像

接骨院に通っても取れない首のこり……。そのような場合、一度噛み合わせの乱れを疑ったほうがいいかもしれません。以下では噛み合わせが原因で起こる首のこり特有の症状をご紹介します。下記のような症状がある方は一度歯科医院で噛み合わせの検査を受けることをおすすめします。

ポイント1猪首

猪首症例

首が肩よりも前に出ていて、首が短く見えて猪の首のように見える状態を「猪首」といいます。猪首は首のこりから生じることが多く、噛み合わせ処置によって解消することがあります。

ポイント2首が回りにくい

首が回りにくい症例

噛み合わせが悪いと首が左右どちらかもしくは両方に回りにくくなります。口に棒をくわえてどのくらい回るのか確認してみましょう。回りにくい側の筋肉が緊張していることになります。頸椎に異常が出ている場合も。

ケーススタディ:首のこりを招く症例をご紹介

右側の下アゴが膨らんだうえに後退。首が詰まって卒中の危険がある顔貌

首のこりを招く症例をご紹介

初診時には、右噛みと下アゴの後退が認められ、首筋も詰まってこのまま放置すれば早期に右首のこりから卒中・脳梗塞を引き起こすおそれがありました。首が詰まり、吹き出物が出ている状態でしたが、初診時の応急処置で首まわりが少しスッキリし(左)、翌週の噛み合わせの調整によって吹き出物も解消(中)。2年後の検診では、下顎の位置が正常になり(右)首筋もスッキリしました。

首のこりを招く症例をご紹介

※噛み合わせ処置で正しい位置に整えることで、顔貌が美しくなり、目と首筋に変化が見られました!

噛み合わせの乱れが首のこりを生み、高血圧を引き起こす

院長・西村は高血圧の家系であり、それを利用して自身の噛み合わせで実験を行ったことがあります。自分の噛み合わせをわざと悪くなるように調整して首のこりを強くすると、血圧の上昇が確認できました(左)。1週間その状態で経過を観察した結果、舌の裏の血管がふくれあがりました(右)。その後、こりをほぐすように噛み合わせを調整すると血圧が下がり、みるみる症状が解消したのです。これで血圧との関係が立証されたわけです。

症例

入れ歯が原因だった噛み合わせの乱れを調整

噛み合わせの乱れを調整した症例

右側でしか噛めなかったBさんの首筋は、まるで石のように硬くこっていました(左)。両方で噛めるように調整した総入れ歯にしたところ首筋のこりは消え(右)、それまで180mmHgもあった血圧が、135mmHg程度にまで下がりました。

干渉をとれば顎はここまで動く

干渉をとれば顎はここまで動く症例

前歯の噛み合わせは悪いがこの処置はしなかった。
「船井幸雄と天才たち」を読み、この患者の首のこりが消えたのを見て「これだ!」と思った。
西村が発見したした【顆頭域最大化療法】の噛み合わせ処置をする。
顎がここまで動くと症状が消失するのだ。

もっと症例を見たい方はこちら

ページトップ